2016年09月21日

鈴木尚典の気になる現在

20日に三浦大輔選手が今季限りの現役引退を発表した。これに対し、鈴木尚典は「200勝達成してほしかった」と惜しむ内容のコメントをしている。そんな鈴木尚典だが、彼の現在について今回調べてみた。

現役時代、横浜で2年連続で首位打者に輝き、アベレージヒッターとして活躍した。2009年3月に引退試合を行い、その後同年に湘南シーレックス育成コーチとして活動。2010年には同球団での打撃コーチを務めた。

2011年からは横浜球団の職員となっており、ベイスターズ・ベースボールアカデミーでの活動を行っている現在もここで活動を行っている。

では、具体的にどのような活動を行っているかということだが、ベイスターズ野球教室などベイスターズの実施する地域貢献活動の講師を行っているようだ。この地域貢献活動というのが、野球を通した活動で、先ほども挙げたベイスターズ野球教室や、野球ふれあいファミリーイベントなどがあるようだ。

以上のことから、小さい子に対しての野球の育成を行っているということで、夢を与える活動を行っているようだ。ぜひ、これからも続けていただき将来のスター選手を育成していただきたい。

posted by 瓦版管理人 at 01:49 | Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

長谷川穂積はパンチドランカーなのか?また、パンチドランカーとは?

ボクシングの長谷川穂積選手が5年ぶりに世界王座に輝いたことで、現在注目を集めている。しかし、一部の人からはパンチドランカーなのではないか?という疑問の声を耳にする。

そもそも、パンチドランカーとは頭部への衝撃から生じる脳振盪を起因とする神経変性疾患及び認知症に似た症状を持つ進行性の脳障害疾患のこと。 また、そのような状態にある人間を指す。
引用元:Wikipedia

とある。症状として認知症に似ているということで、呂律が回らないといった症状や、物忘れが激しくなる。記憶の混乱や手足の震えなどが挙げられる。
これは先ほどにも記した通り、脳振盪を起因とするということで、脳に対してダメージの大きいボクサー選手はやはり、このパンチドランカーになってしまう方も多いようだ。勿論、大きな一撃でなってしまう方というのもいるとは思うが、心配なのは小さなダメージであっても蓄積していくことで、パンチドランカーになってしまう方がいるということだ。プロのボクサーでも調べると出てくるが、パンチドランカーを患った方は多いようだ。例えばインタビューで会話が成り立たなかったりといった方やパンチドランカーに悩まされうつ病になり自殺してしまった方など人によって症状、結果は様々である。

では、なぜ長谷川穂積がパンチドランカーなのではないか?という疑問が持ち上がったかであるが、これはインタビューにて呂律が回っていないといった症状がみられたためであるそう。調べてみるとYahoo知恵袋等で質問している方も見られるほどである。やはり、長谷川穂積もその可能性はあるらしく。ボクサーは将来パンチドランカーになる可能性が高いことを考えて志さなければならないという。しかし、ここまで実力を持っているということで、ぜひ今後もパンチドランカーに気を遣いつつも活躍していって頂きたい。

posted by 瓦版管理人 at 00:28 | Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。